便利なカードローン、でも利用には細心の注意を

首都東京は生活も厳しくなりがち

一括で払うにはちょっと金額が大きいな、と思う買い物をする時、手軽に使えて便利なのがカードローンです。

 

契約枠の範囲内であればATMですぐに借りられるため、スピーディーなのも嬉しいですね。消費者金融などの貸金業者から借りるよりもおおむね金利が安いというのもメリットです。しかし気をつけなければいけないことも勿論あります。

 

どれだけ手軽だと言っても、借金であることには変わりありません。借りたものは返さないといけません。ですので計画的な利用、主に余裕のある返済計画を立てられることが、利用するにあたっての必須条件と言えます。

 

私自身、カードローンを利用する機会はありますし便利に使っていますが、返済計画についてはいつも改めて確認し、月々の支払いがどの程度になるかを予想した上で余裕を見たやりくりをしています。便利なものにも落とし穴はあります。細心の注意を払って活用すれば、トラブルとは無縁でいられるでしょうね。

少額からお金が借りられるのでカードローンは便利

ちょっとお金を借りたい時はカードローンが便利かなと感じています。少額からでもお金を借りることができるので少しだけお金が必要な時にもカードローンなら安心です。

 

大金が必要なことは私はそんなに無いですし、少しお金が必要になることの方が多いので少額から利用できるカードローンはとても使いやすいのです。ATMに立ち寄って必要な額だけさっと引き出すことができるので便利に利用することができています。

 

ちょっと欲しい物ができた時や、ちょっと生活費が足りないなと感じた時にカードローンなら問題無くお金を用意することができるのです。意外と少額からお金を借りることができるサービスは少ないのでカードローンはとても重宝しています。

 

お金が必要になることがたまにはあるのでカードローンが利用できることで私は安心して生活をすることができています。

 

あと現在複数の金融機関から借り入れをしている人はおまとめローンをしてみてください。いくつかの借入金額を一つにぎゅっとまとめることで利息を減らせて返済金額を少しは減らせる可能性があります。

 

しっかりと確実に返済するためにもおまとめローンの検討もしてみましょう。

おまとめローンのおすすめ

キャッシングと総量規制

キャッシングの申し込みをする前には、必ず総量規制があるということを覚えておき、さらに簡易審査をするようにしましょう。
総量規制とは、貸金業法改正により、消費者金融会社に課せられた新しい制度で、借り入れをする場合はその人の年収の3分の1を基準とした額しか貸し付けを行ってはいけないという決まりがあるのです。自分の年収を大体予想し、その3分の1の額までしか消費者金融は貸すことができないということを最初に覚えておきましょう。

 

銀行系キャッシング利用時に計算しよう

もし総量規制の対象外で審査をしてもらいたければ、銀行系のキャッシングを使うことです。銀行系は総量規制の対象外なので、年収は関係ありません。ただ、その分審査は厳しくなるので注意しておかなければなりません。
どちらにしても、自分に安定した収入がないとカードは作れないということは念頭に置いておいてください。

キャッシングのおすすめと金利